大手メディアが伝えない情報の意味を読み解く
情報屋台
社会
文化

発電芸術館、人力発電遊園地、そして…モーツァルト

2018.09.20 Thu
魔笛@人力発電遊園地のSLまてき号go、go

富士河口湖町役場前を人力発電で走るSL「まてき号」

ドン・ジョヴァンニの夕べ最終稿jpg_Page1ドン・ジョヴァンニの夕べ最終稿jpg_Page2

秋には、村上春樹の小説『騎士団長殺し』の世界を彷彿とさせるコンサート・オペラ「ドン・ジョヴァンニの夕べ」を開催する。

前回は、「発電芸術館」誕生までの成り行きを書かせてもらった。足踏み発電によるタップダンスや、足こぎ発電によるカキ氷まで、少しずつ私どもNPO法人人力エネルギー研究所の活動も進化している。
私どもの活動は、科学と芸術を融合した新しい表現の開発を通じて、地域の活性化に貢献し、ひいてはその価値観を世界に広げて、人力発電を基幹とするクリーンエネルギーの社会を作り上げることを目的としている。
そのために活動の分野を、
1、アート
2、エンタテインメント
3、スポーツ
の三つに分け、実現可能な表現から実践していくことにしている。
1の分野では、3月31日から三週間に渡って、河口湖の活動拠点で日展特選2回の実力派日本画家、川田恭子さんの日本画展を開催した。2004年の特選作品『煌めき』を中心に、深海魚の竜宮の使いを模した『神迎』など、13点の作品を、発電芸術館内に展示した。

IMG_9958IMG_9936

IMG_9959IMG_9960

ショートショート作家の田丸雅智さんとの対談「画家のインスピレーション、作家のインスピレーション」、川田さんの日本画教室も開催し、3週間で80人を越える方々に来ていただいた。『神迎』の脇には、発電床Rを設置して、「海ホタル」と題して足踏みでLEDを輝かせるデモも用意した(下)。

神迎と足踏みによる人力発電トノコラボ

そして、7月8日(日)に、富士河口湖役場前広場で開催したのが「魔笛@人力発電遊園地」である。足こぎ発電で動くSL「まてき号」、おなじく足こぎ発電で回転するメリーゴーランド、そしてゴーカート、さらに昨年の河口湖花火大会「湖上祭」で初めて実施した人力発電カキ氷も追加して富士河口湖町のお祭り「まちフェス」に”出店”したのである。富士河口湖町役場と「まちフェス実行委員会」の支援のもと、移住者支援のボランティア団体「富士山暮らし応援隊」による全面的な人的支援を受け、さらに、健康科学大学からのボランティア協力も受け、実に楽しく実施することができた。

人力発電遊園地4人力発電遊園地2

7台の人力発電機をみんなでこぎだすと、SL「まてき号」がゴトゴト動き出し、仕掛けた『魔笛』のアリア「おいらは鳥刺しパパゲーノ」が鳴り始める。『魔笛』の冒頭に登場する大蛇を模した蛇のぬいぐるみが、煙突から鎌首をもたげて、なんともユーモラスだ。大人が100ワット、子どもでも50ワットの発電能力があり、みんなの足こぎ発電力を合わせた600ワットで、SLは速すぎもなく遅すぎもない速度で走ってくれるのだ。『魔笛』の「夜の女王」に扮したミュージック・クラウンのみまさんが、ときにSLに飛び乗って絶唱する姿も、コミカルで実に楽しい。

夜の女王

もちろん、「人力」すなわち「人の力」は、発電のためだけにあるわけではない。今回の人力発電遊園地は、町役場と富士山暮らし応援隊からスタッフ10人、健康保健大学のボランティアが9人、撮影班に2人、そして遊園地の遊具を貸してくれた富山県高岡市の創作機械工房ピッコロSPAから担当者2人、前回同様に人力発電カキ氷に協力してくれた富士山アウトドアミュージアムのスタッフ2人、さらに遊園地に花を添えてくれたミュージック・クラウンのみまさんも加えて総勢26人の力があって初めて実現できたものだ。

11月9日(金)には、午後2時から河口湖円形ホールで、富士河口湖町の後援と富士山暮らし応援隊の協力で、コンサート・オペラ「ドン・ジョヴァンニの夕べ」を開演する。今回は、作曲家の一柳慧が名誉理事を担う「現代芸術の会」の協賛つきである。

Sop:宮部小牧 Ten:所谷直生 Bar:藪内俊弥 Bass:押見春喜 小田川哲也 の歌手陣とPf:相田久美子、そしてTapの沙羅を加えた7人の布陣。沙羅は、ドン・ジョヴァンニが地獄に落ちるシーンで烈しくタップを踏み、発電床RのLEDを妖しく光らせる役だ。第二部では、モーツァルトの全曲ソロを日本人で初めて演奏した原佳大が、母の死を痛むピアノソナタ イ短調 KV 310を演奏し、カツラをつけてモーツァルトに扮して「モーツァルトの死生観」を語ってくれることになっている。

村上春樹の小説『騎士団長殺し』は、モーツァルトのオペラ「ドン・ジョヴァンニ」の冒頭で、主人公が忍び込んだ相手の父親・騎士団長を殺すシーンからその表題がとられている。小説に登場する謎の地底人「騎士団長」は、放蕩の限りを尽くした結果、地獄に落ちていく主人公ドン・ジョヴァンニの化身なのか、そのような想像を逞しくしてくれる夢のコンサートである。

詳細は、河口湖ステラシアター・ホームページの「河口湖円形ホール公演スケジュール」http://stellartheater.jp/kouen/kouen_enkei.html

と、私どもNPO法人人力エネルギー研究所のホームページhttp://kazuyukimogi.wixsite.com/jinriki

をご覧願いたい。

 


コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

社会 | 文化の関連記事

Top